第三セクター

コリンザ運営会社解散 株主総会決議 債務超過27億円
第三セクター「沖縄市アメニティプラン社(AP)
当初から経営が危ぶまれていましたが、解散ですか。
入居している事業者はこれまでどおり営業とのこと。
スーパーが入居していたときはそれなりに人も来ていたようだが、スーパー撤退、ベスト電器撤退等々非常に寂れた感じになっていきました。
1階にはトランスコスモスCRM沖縄が入っていて、ちょっと小奇麗な感じもありましたが。
商業施設というよりも事務所的な方向性もあるのかなぁ。。。
厳しいかな。
昼間のパークアベニューは人通りも少ないし。
三セクだし、途中引継ぎかもしれないので、誰も責任を取らず、税金だけ使って赤字を出して終わり、ということになるのでしょうね。
那覇の「とまりん」も心配ですね。
書店が入居してますが、少し離れたところにジュンク堂もあり、以前訪れた際は人が少なめでした。
品揃えはまぁまぁだったかも。
なので、倉庫県販売という形なら存続できるかな!?
フェリーターミナル、目の前だしね。。。(といってもフェリーターミナルもいくつかに分かれてるんだけど)

そういえば勝間和代さんが爆笑問題の番組で「10年間は消費税上げなくても大丈夫」みたいなこと言ってたけど、そのことをどこかにブログったつもりだったけど、書いてなかったかな。。。
とにかく、公務員宿舎とかすぐに資産に変えることができるものがあるので、それらを現金に変えれば、借金額はだいぶ減る、というような話。
実際那覇市でも、庁舎移転予定地というのを買っていて、長期間寝かせている間に財政難となり移転断念となりました。
結局その土地は売り払うことになるよね。
売り払ったかどうか確認してませんけど、まぁ、失政失策。
で、誰も責任は取らないし、取れない(かもしれない)。
そんなことが国レベルで、もっと大規模で行われていることは想像に難くない。
法人税の引き下げ→賄賂や所得税の上限引き下げ→富裕層優遇。消費税率アップ→所得の低い人ほど割高感がある というあたりを考え合わせると、政治屋たちは自分たちと自分たちの周りを潤すような政策を行き当たりばったりで作っている、というような気もしてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA