尖閣諸島

尖閣漁船事件 組織的な背景を解明せよ

前原誠司外相は、中国側の掘削開始が確認されれば「しかるべき措置をとる」と言明した。当然である。日本単独での試掘や国際海洋法裁判所への提訴といった対抗措置を念頭に、毅然(きぜん)とした姿勢を示すべきだ。

どこまでできるか注目したいところ。
どうせ、抗議行動とかもいくつかは組織的なものなのでは。
餃子事件の時も、中国当局の人をバカにした捜査だか弁解だかのせいで原因がうやむやになっている。
初め「中国側には問題はない」とか言っておいて、
結局「中国側の問題」だったじゃないか。
それなのに強制捜査もできない。
「あんたらの捜査は程度が低いし、判断も間違っていたのだから、捜査権をよこせ」
くらい言ってもらいたい。
泣きをみるのは被害者ばかり。
日本の政治の無力さのせい。

ペニーオークションは、まだ、ポイントすら落札できていません。
というか、まだ、入札も数回しかしてなくて、
どのタイミングで入札しようか迷っているところです。
しょせん、無料ポイント分1000ポイントじゃ、相当うまくやらないと落札できそうにない気がするけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA