示談は弁護士に。

「特上カバチ!!」に弁護士会抗議 「誤解与える」
要するに、弁護士の権益を侵すな、ってことなんでしょうか。
「行政書士が示談交渉」、弁護士会がTBSドラマに抗議では、

「示談交渉をするなど行政書士に許された業務内容を明らかに超えた法律相談のシーンが頻繁にあった」

という記載が。

内容にもよるけど、行政書士が出てくるような示談交渉を弁護士に頼んだら、弁護士代のほうが高くつくのでは。
示談なんて、当事者間で行ってるケースもあるわけだから(よく知らないけど)、わざわざ弁護士に頼まなくてもいいんじゃないのかな、なんて思うけど。
しかも、弁護士に示談を頼んだら、依頼者も、まぁ、弁護士の言いなりになっちゃうんじゃないかなぁ。それがいいかどうかは別にして。

借金の過払い金を弁護士に頼んで返金させるようなことがブームですが。
テレビでも弁護士事務所のCM、よくやってますよね。
あれ、弁護士的にはぼろ儲けだっていう話をテレビでやってました。
中には暴利を貪る弁護士事務所だか弁護士個人だかもいるとか。
そんな弁護士ばかりではないとは思いますが、示談の代理は弁護士だけ、みたいな限定するものではなく、多くの選択肢があるに越したことはないと思うのですが。

サラ金、消費者金融から過払い金を取り返す

過払い金回収完全ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA